2011.08.25

『居場所の社会学』装画

ibasyo_0.jpg

阿部 真大氏 著『居場所の社会学―生きづらさを超えて』
単行本装画にイラストを載せて頂きました。

このイラスト、見覚えのある方もいらっしゃると思います。
実は2009年カレンダー「jumble」の時にカレンダー用に描いた絵なのですが、イラストが本の内容に合うとの事で、今回はそのまま使用して頂いたのです。
「居場所」をキーワードに、どうすれば誰もがもっと生きやすく、居心地のいい社会になるか、そんなヒントを示した本です。
固い感じではなく、J-POPの歌詞の移り変わりからその時代時代の労働観をみていったりと読みやすい内容になっています。

本屋さんで見かけましたらぜひよろしくお願い致します。

ibasho_2.jpg

阿部 真大 著『居場所の社会学―生きづらさを超えて
(日本経済新聞出版社)
posted by ワカマツカオリ at 23:27 | work/record

『ドS刑事 風邪が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』装画

S_kaze.jpg

七尾 与史氏 著『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』
単行本装画を描かせて頂きました。

発売から少し時間がたってしまいました…!告知が遅くなりすみません。
インパクトのあるタイトルにありますように、美人だけどドSでいろいろと性格に問題のある女刑事・黒井マヤとコンビを組んだ代官山刑事が、連続放火事件の謎を追うミステリーです。
風邪が吹けば桶屋が儲かる、またはバタフライエフェクト。まさに全ての事象には原因が存在するという感じで、物語にぐいぐい引き込まれて一気に読んでしまいました。
黒井マヤのキャラはとても個性的で描きやすかったです。代官山刑事もいい味だしています。

発売後すぐに重版がかかったとの事で、続編もあるかも…!?だそうですよ。
ぜひぜひ、本屋さんで見かけましたらよろしくお願い致します。

S_kaze2.jpg

七尾 与史 著『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』(幻冬舎)
posted by ワカマツカオリ at 22:32 | work/record
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。