2011.08.31

ミステリマガジン2011年10月号 短編扉絵

bar_aki.jpg

ミステリ・マガジン2011年10月号にて、東直己氏 著〈ススキノ探偵〉シリーズの短編「秋の終わり」の扉絵を描かせて頂きました。

〈ススキノ探偵〉シリーズは「探偵はBARにいる」というタイトルで映画化され(9月10日公開)今号はその特集号となっており、特集の中に掲載されている短編の扉絵を描かせて頂いております。
映画の方は主演の探偵「俺」役が大泉洋さん、相棒の高田役に松田龍平さんでして、イラストは映画版の方に寄せて下さいとの事でした。
が!決して、決して、キャストのお二方をモデルに描いた訳ではありませんので……!どうぞお二方のファンの皆様にはご理解頂きたく。
「似てないよ!」っていうのは似せていないので当然なのです。ただ雰囲気はお借りしました。

原作もハードボイルドでありつつテンポがよく人気のシリーズですし、映画のキャストも魅力的で楽しみですね。
個人的に大泉洋さんのファンでもあるので、この期に関わらせて頂き光栄でした。

本屋さんで見かけましたらどうぞよろしくお願い致します。

hmm.jpg

ミステリ・マガジン2011年10月号(早川書房)

映画『探偵はBARにいる』公式サイト
posted by ワカマツカオリ at 23:10 | work/record
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。