2012.11.24

『吐息雪色』舞台化

toiki_cv.jpg


カバーを描かせて頂きました綾崎隼氏 著『吐息雪色』が舞台化されます。
カバーのイラストをそのままメインビュジュアルに使って頂いています。
現在チケット発売中です!

****
トライフルエンターテインメントプロデュース
舞台「吐息雪色

公演日程:2012年12月19日(水) 〜 24日(月)
劇場:中野ザ・ポケット(中野)

原作:メディアワークス文庫『吐息雪色』(著/綾崎 隼 アスキー・メディアワークス刊)
イラスト:ワカマツカオリ
演出:米山和仁(劇団ホチキス)
脚本:吉谷光太郎(クリエイティヴ零)

<出演>
唐橋充 平田裕香 藤原令子 渡辺瞳 丸尾みゆき/平田弥里 

<公演日程>
12月19日(水)19時30分〜
   20日(木)19時30分〜
   21日(金)19時30分〜
   22日(土)14時〜/18時〜
   23日(日)13時〜/17時〜
   24日(月)16時〜

※20日と21日、22日14時〜の回の終演後には、出演者によるアフタートークショーあり!
※ロビー開場は開演の1時間前です。客席開場は開演の30分前となります。

チケット一般発売日:2012年11月17日(土)10:00〜
チケット料金:4,500円(全席指定席・税込み)
※12月19日19時30分〜の回は、全席1,000円割引となります。
※未就学児童は御入場いただけません。

チケット取り扱い:
●カンフェティ
PCの方→ http://confetti-web.com/
携帯の方→ http://cnfti.com/met6169/

●ローソンチケット
http://l-tike.com/
0570 - 084 - 003( Lコード:32605)
0570 - 000 - 777( 問い合わせ)

チケットに関する問合せ:オデッセー・03-5444-6966(平日11:00〜18:00)
公演に関する問合せ:info@trifle-stage.com

企画・製作:株式会社トライフルエンターテインメント
協力:アスキー・メディアワークス
プロデューサー:辻圭介(株式会社トライフルエンターテインメント)
(c)SYUN AYASAKI / ASCII MEDIA WORKS

公式ブログ

****

「蒼空時雨」に続き、トライフルエンターテインメントさんによる舞台化です。
「吐息雪色」もとっても素敵なお話ですし、また季節的にもぴったりだと思いますので、ぜひぜひ、お時間ありましたらお運び頂けますと幸いです。
ちょうどクリスマス時期ですね。関東なのでその頃に実際の雪は難しいかもしれませんが、舞台上ではきっと素敵な雪景色を感じて頂けるのではないかと思います。

私もパンフレット用に一枚描き下ろしイラストを描いています。
また彼等に会えて懐かしくもあり、ちょっぴり切なくもあり。
観劇のご予定のある皆様は、ぜひパンフレットも楽しみにしていて頂けますと幸いです。

***

そういえば、余談ですが
綾崎さんは王子様キャラなので編集さんとの間で親しみを込めて隼様と呼ばせて頂いている訳ですが、「今後ワカマツさんもブログでも押し出していって下さい」と編集氏より直々に指令を受けましたので、私もじわじわ隼様押しをして行こうと思います。
最近ではお会いする時もリアルに隼様と呼ばせて頂いておりますので、ぜひサイン会などでご本人にお会いする機会がある際には、そうお声掛けしてあげてください。とっても喜ばれます。


………綾崎さん、いえ、隼様すみません。
フォローのようでアレですが、綾崎さん、編集氏、とってもよいチームなのですよ。
一緒にお仕事させて頂けてとても光栄かつ楽しいです。
posted by ワカマツカオリ at 19:59 | work/record

スマホケース『POPCOVER』ワカマツカオリデザイン3種発売中

suma_1.jpg

FEWMANYからスマホケース3種が発売されています。
現在、上記3種の絵柄にて発売中です。

対応機種は、iPhoneはiPhone4/4S、iPhone5
アンドロイドも多数機種に対応していますが、ちょっと種類が多いので、詳しくは下記リンク先を参照してみてください。

*オンラインでのお取り扱い*
FEWMANY 楽天市場店

またオンライン以外に店頭でも販売されています。

*iPhone4/4A & iPhone5、アンドロイド系 両方を取り扱い実店舗*
新宿マルイワン POPSPACE

*iPhone4/4S & iPhone5 取り扱い実店舗*
新宿マルイワン POPSPACE
東急ハンズ池袋店 2Fスマホ売り場
ロフト各店(11月末日より)
*ロフト取り扱い店舗一覧*
池袋、梅田、船橋、大宮、吉祥寺、福井、神戸、横浜
仙台、広島、千葉、静岡パルコ、天神、あべの、西宮
二子玉川、所沢、川越、水戸、川崎、国分寺、小倉
浜松、奈良、徳島、盛岡、甲府昭和、八王子、米子
倉敷、名古屋

一部機種は、受注生産となりますので、店頭にてサンプルをご覧頂き、発注後3日―7日程度でのお渡しになります。
またロフトでは、基本iPhone5のみの取り扱いとなっていますがiPhone4/4S用も注文できるそうです。
アンドロイド系も今後、順次ロフトでも取り扱い予定との事です。

今後も順次新しい絵柄が出る予定です。
よろしくお願い致します!
posted by ワカマツカオリ at 19:59 | work/record

小説現代12月号『ドクター・キリオ』挿絵

kirio_1.jpg

2012年10月号の「小説現代」にて、七尾与史氏 著『 ドクター・キリオ』
扉絵と挿絵を描かせて頂いております。

主人公のドクターキリオ(桐尾)が勤めている病院では、安楽死をもたらす医師がいると噂されるており……。
病院を舞台にした医療ミステリです。

『ドS刑事』でもカバーを描かせて頂いております七尾先生の短編ですが、ドSとはまた雰囲気がちょっと変わって、シリアスな印象です。
ぜひお手に取って頂けますと幸いです。

s_gendai_1.jpg

小説現代』2012年10月号(講談社)
posted by ワカマツカオリ at 19:59 | work/record

『まりしてん ァ千代姫』装画

mari_tan1.jpg

山本兼一氏 著『まりしてん ァ千代姫』
単行本装画を描かせて頂きました。

2年間『文蔵』にて連載されていたお話が完結し、単行本になりました。
連載中ずっと挿絵を描かせて頂いていたので、私も毎月ハラハラドキドキとしながら、ァ千代姫の子供時代から最期までを拝読していました。

戦国時代の筑前立花城、ァ千代は女だてらに立花城の城督となり、自らも鉄砲隊を率いて闘います。
夫となる立花宗茂とは一般には不仲とされているようですが、この本の中での・ァ千代夫婦は、とても仲睦まじく、お互いを尊重し尊敬している存在として描かれています。妻として宗茂を支え、尊敬し、一人の女性としても強く凛々しいァ千代。とても美しいです。

今回カバーにはたくさんのイラストが配置されており、一部書き下ろしましたが、ほとんどが挿絵時に描かれたイラストを再構成して、使われています。
和風な紙に、金で一色の、こちらも潔く素敵な装幀です。

時代小説をお好きな方も、これから挑戦されるという方も、
ぜひお手に取って頂けますと幸いです!

mari_tan2.jpg

山本兼一 著『まりしてん ァ千代姫』(PHP研究所)
posted by ワカマツカオリ at 19:59 | work/record

『破産』装画

hasan_1.jpg

嶽本野ばら氏 著『破産』
単行本装画を描かせて頂きました。

タイトルそのままズバリ『破産』をテーマとした物語です。
一時は売れっ子となったにも関わらず、浪費癖により多額の借金を抱えた小説家の泥沼借金返済小説です。
借金返済の為に、自著のサイン本を売ったりと妙にリアルなのですが、それもそのはず、実はほとんど実話とかそうでないとか……果たしてどこまでが実話なのかと気になるところです。
お話の中で主人公の周りに登場する女の子達がまた個性的で、彼女達がもし実在したらと想像するとなんとも賑やかであろうと楽しくなります。ちょっと小悪魔的で怖いのですが。
果たして主人公は借金を返せるのでしょうか。

カバーはゴチャゴチャっとたくさん人物と物を詰め込みました。
色も特色を使って頂いて、とても綺麗です。

ぜひぜひ、本屋さんでみかけましたらよろしくお願い致します!

hasan_2.jpg

嶽本野ばら 著『破産』(小学館)
posted by ワカマツカオリ at 19:58 | work/record

2012.11.02

『伏 鉄砲娘の捕物帳』 朗読イベント舞台ビジュアル

fuse_ev1.jpg

映画『伏 鉄砲娘の捕物帳』の企画の一環で、<伏の森>スペシャル朗読付き上映の舞台ビジュアルを描かせていただきました。

信乃役の宮野 真守さんが、原作小説「伏 贋作・里見八犬伝」から信乃のひとり語りパート<伏の森>の一部を朗読、その舞台背景として描きおろしイラストがスクリーンに投影されます。

*********

日時:11/10(土) 11:10〜 (※朗読イベントは上映終了後となりま す。) 
場所:テアトル新宿
チケットに関しての詳細は公式サイトまたはテアトル新宿さんのサイトにてご確認ください。
伏 鉄砲娘の捕物帳公式ブログ イベント詳細

伏 鉄砲娘の捕物帳公式サイト
テアトル新宿公式サイト

*********

専用チケットは明日、11月3日(土) AM10:00より<チケットぴあ>にて先行販売となります。
また、朗読後は宮野真守さんと宮地昌幸監督による舞台挨拶も予定されているとの事です。
お時間ありましたら、ぜひ観にいらして下さい!

ラフの一部を掲載許可頂いたのでチラリと載せておきます。
信乃を中心に数枚描き下ろしています。
映画館の大きいスクリーンにイラストが映るかと思うとドキドキしますな。
posted by ワカマツカオリ at 01:36 | work/record

ァ千代姫イラストコンテスト 作品募集中です!

gin.jpg

福岡県柳川市の、柳川藩主立花邸「御花」邸内にあります立花家史料館にて、立花ァ千代をテーマとしたイラストコンテストが催されます。

一昨年から今年の9月まで、約2年間に渡りPHP出版『文蔵』にて連載されていました、山本兼一氏 著『まりしてん ァ千代姫』にて挿絵を付けさせて頂いていたご縁で、こちらのイラストコンテストの審査員を勤めさせて頂く事になりました。

柳川藩主立花宗茂の妻であったァ千代は、姫でありながら家督を継いで城督となり、自らも具足を付けて闘い城を守ったとされる勇ましい姫です。
テーマは「わたしのァ千代姫」との事で、皆さんの思い描くァ千代を描いて頂けたらと思います。
また大変恐縮ながら、ワカマツカオリ賞なる賞も設置して下さっていますので、ぜひぜひ!ご応募お待ちしております!

応募要項の詳細は、下記、立花家史料館のページにてご確認下さい。
締め切りは11月30日まで。
どうぞよろしくお願い致します。

特別展「ァ千代姫伝説と立花家記」プレイベント第1弾
柳川藩主立花邸 御花 第1回イラストコンテスト


*******

そして、『まりしてん ァ千代姫』の単行本も11月中頃に発売になります。こちらも装画を描かせて頂いておりますので、また発売になりましたらお知らせ致します。

また春には立花家史料館様にて雑誌掲載時の挿絵の展示イベントを予定しております。
こちらも詳細が決まりましたら再度告知させていただきます。
posted by ワカマツカオリ at 01:33 | work/record
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。