2014.11.13

北米紀伊國屋書店『Kinokuniya Membership Card』カードデザイン

国内のお仕事ではないのですが。
北米紀伊國屋書店で発行されている、会員向けメンバーズカードのデザインをさせて頂きました。
こちらのカードは年会費25ドルで入会すると、10%割引でショッピングできる会員向けのものです。

すでに展開中との事で、先日サンプルのカードを頂きました。
紀伊國屋さんのコーポレートカラーである青と薄い黄色です。

kinoC_1.jpg

また合わせて紀伊國屋の北米全店にて、ワカマツカオリブックフェアを開催して頂いています。
これから展開される店舗もあるかと思いますが、一足先にサンフランシスコ店とシアトル店の様子の写真を頂きましたのでご紹介します。

シアトル店

Seattle_02_b.jpg

Seattle_01_b.jpg

サンフランシスコ店

San-Francisco_01_b.jpg

San-Francisco_02_b.jpg

San-Francisco_03_b.jpg


こんなに並べて頂いて嬉しいやら恐縮やら。。
ありがたい事に、北米でも画集の動きが良いようで、ご縁ありましてこのような機会を頂きました。
アメリカ在住でこの情報を見てくださる方がどれだけいらっしゃるかわかりませんが、もし機会がございましたらぜひカードを作ってみてくださいね。

紀伊國屋書店 アメリカの店舗一覧

また追加情報ありましたらお知らせします。
posted by ワカマツカオリ at 18:40 | work/record

『心理学者こころ女史の分析 卒業論文と4つの事件 』装画

kokoro1.jpg

七菜 なな氏 著『心理学者こころ女史の分析 卒業論文と4つの事件』
カバーイラストを描かせて頂きました。

ある理由で姉の卒論を探す大学生・正宗が、見た目は高校生、でも天才的な頭脳を持つ心理学研究室助手のこころ女史と卒業論文を巡る4つの事件に巻き込まれて行きます。
こころ女史はちょっと変わった言動なのですが、たまに見せるかわいらしい部分がたまりません。こころ女史の過去も何かあるようで、気になるところです。

よろしくお願いいたします!

kokoro2.jpg

心理学者こころ女史の分析 卒業論文と4つの事件
(富士見L文庫/ KADOKAWA/富士見書房)
posted by ワカマツカオリ at 18:38 | work/record

小説 野生時代『サンブンノニ』挿絵 連載中

月刊誌の小説『野生時代』にて木下半太氏 著『サンブンノニ』の連載扉絵を2014年11月号より描かせて頂いています。

11月号

32_1.jpg

12月号

32_2.jpg

サンブンノイチ』『ゴブンノイチ』『ナナブンノイチ』に続く『ブンノイチ』シリーズ最新作にしてシリーズ集大成との事で、ブンノイチシリーズからも懐かしい面々が登場しています。
すでにシュウ(サンブンノイチより)がまた何か企んでいますよ。

しばらく連載が続きますので、見かけたらどうぞよろしくお願いします!

Y201412.jpg

『野生時代』公式サイト(KADOKAWA)
posted by ワカマツカオリ at 18:36 | work/record

2014.11.12

『憧憬☆カトマンズ』文庫版 装画

doukei_b_1.jpg

宮木 あや子さん 著『憧憬☆カトマンズ』
文庫版のカバーイラストを描かせて頂きました。

以前、単行本でも装画を描かせて頂いた本の文庫版になります。
『憧憬☆カトマンズ』単行本
今回、文庫化されるにあたり新たにカバーを描き下ろしました。

もう、とにかく、働く女子にはぜひとも読んで頂きたい!
男性ももちろん楽しめますよ。
仕事、恋愛、つらい事、楽しい事、いろいろあるけれど、みんながんばっている。働くアラサー女子必読です。ウルトラハッピーになれます。

主人公の後藤ちゃんと中尾ちゃん、私大好きです。
ちなみにカトマンズへ行く話ではありません(笑)

ぜひ、お手にとって頂けますと幸いです!

doukei_b_2.jpg

宮木 あや子 著『憧憬☆カトマンズ
(MF文庫ダ・ヴィンチ/KADOKAWA/メディアファクトリ-)


同じく装画を描かせて頂いている
宮木あや子さん著『セレモニー黒真珠』も文庫化されています。
こちらもオススメです。
posted by ワカマツカオリ at 23:18 | work/record

『妖怪極楽』装画

youkai1.jpg

嬉野 君さん 著『妖怪極楽』
カバーイラスト、挿絵描かせて頂きました。

新宿歌舞伎町のコマ劇場跡地に妖怪達の住まう砦あり、、という
もうその設定だけでおもしろそうなのですが、出てくるキャラクター(妖怪含む)がみんな魅力的で、妖怪達はユーモラスかつかわいらしくもあり、ぐいぐいお話に引き込まれます。
普通の女子大生、花は歌舞伎砦へ日本語教師として赴く事になるのですが、なぜか砦から出られなくなってしまいます。
砦の秘密、びっくりしますよ。

中に一枚、妖怪がたくさんの見開きを描きましたので、ぜひお手に取って頂けますと幸いです。

youkai2.jpg

嬉野 君 著『妖怪極楽』(講談社文庫/講談社)
posted by ワカマツカオリ at 23:16 | work/record

『タイムライダーズ 1&2: Time Riders』装画

tr12_1.jpg

アレックス スカロウ 氏(著) 金原 瑞人 氏 (翻訳)  樋渡 正人 氏 (翻訳)
『タイムライダーズ : Time Riders』1巻、2巻の装画、挿絵を描かせて頂きました。

世界中で大ヒットしているイムトラベルファンタジーの翻訳版です。
児童書に分類されていますが、大人が読んでもとってもおもしろい本です。
1、2巻で上下巻のようにひとつのお話となっており、同時発売しています。

時代も場所も違うところから、タイムトラベルに適した人材が集められ、時空を超えて起こる問題を阻止するためのチームが結成されます。
1、2巻ではヒットラーが世界制覇を成し遂げ、未来が変わってしまったという設定です。
現在でも、過去でもハラハラする展開でスピード感があり、まるで映画を見ているような感覚で物語に引き込まれます。

装丁は画像で見ると一見シンプルなんですが、実物はキラキラした加工などで豪華装丁でかっこいいですよ。
ぜひ直接お手にとって頂けますと幸いです!

3、4巻も発売が決まっており、こちらは来年に発売予定です。

tr12_2.jpg

タイムライダーズ1 : Time Riders
アレックス スカロウ(著) 金原 瑞人 (翻訳)  樋渡 正人 (翻訳)
(小学館)

tr12_3.jpg

タイムライダーズ2 : Time Riders
アレックス スカロウ(著) 金原 瑞人 (翻訳)  樋渡 正人 (翻訳)
(小学館)

(ちなみに、クレジットの私の名前が間違っているのですが、重版分から修正して頂いてしまうので初版のみのレアなアレです)
posted by ワカマツカオリ at 23:14 | work/record
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。