2011.08.26

『ノーブルチルドレンの告別』装画

noble_2_1.jpg

綾崎 隼氏 著『ノーブルチルドレンの告別』
カバーイラスト、口絵、章扉を描かせて頂きました。

前作『ノーブルチルドレンの残酷』の続編です。前作のPOPな雰囲気から一変、今回は物語が大きく動きだします。

男子二人のみという潔い表紙は編集氏の案ですが、今回の物語の内容にはぴったりなのではないかと思います。
また扉絵では綾崎さんの他の御本を読んだ事のある方には、ちょっと懐かしい再会もあるかもしれません。

タイトルにも入っている通り、物語の後半にある別れがある訳ですが
シリーズもののせいかキャラクター達にいつも以上に愛着があり、読後は本当に寂しくなりました。
カバーはちょっとその感情にひっぱられていますね。

物語は次巻へと続きます。
ぜひぜひ、本屋さんで見かけましたらよろしくお願いします!

noble_2_2.jpg

綾崎 隼 著『ノーブルチルドレンの告別
(メディアワークス文庫/アスキー・メディアワークス)
posted by ワカマツカオリ at 20:24 | work/record
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。