2011.09.14

横浜赤レンガ倉庫 mini exhibition & 広島パルコイベント

ing_dm.jpg

9月16日(金)より、2つイベントが始まります。
まずは横浜赤レンガ倉庫にて、毎年恒例になっているカレンダー発売記念の展示イベント。

Kaori Wakamatsu mini exhibition 『ing』
場所:横浜赤レンガ倉庫 2号館1F正面入り口【アクセス
期間:2011年9月16日(金)-11月30日(水)
お問い合わせ:COMMUNICATION MANIA 赤レンガ倉庫店
TEL:045-226-1152

2012年カレンダーにて描き下したイラストの展示、またカレンダーやその他グッズの販売等行います。

来年のカレンダーは進行形の「ing」というタイトルで、一言で言いますと1年12ヶ月のイラストが全て繋がっています。でもきちんと1ヶ月ごとにカレンダーとして離して使えるしくみになっています。
カレンダーについてはまた後日詳細アップしますね。
また今年もCOMMUNICATION MANIAさん各店にてご購入頂くとオマケとして紙のブックカバーがついてきます。
本屋さんでつけてくれるブックカバーのような感じです。パターンになっているので、ブックカバー以外にも使い道がありそうです。

展示しているイラストは、過去最大サイズにて出力しましたので見応えありです。
今年は少し長めの期間になっていますので、ぜひお時間ありましたら遊びにいらして下さい!

***

広島パルコでは画集関連の展示イベントが始まります。
こちらはサイン会もがあり、整理券は16日から配布になります。
ぜひぜひ遊びにいらして頂けますと幸いです!

「ワカマツカオリ展」at 広島パルコ
広島パルコ4F 連絡通路特設会場
期間:9月16日(金)〜9月25日(日) 入場無料

サイン会 広島パルコ新館5Fカフェリブロ
9月25日(日)14時〜

期間中に会場にて作品集または、グッズ3,000円以上お買い上げのお客様に先着で150名様にサイン会参加整理券を配布いたします。
まだ先になりますが、展示会場とサイン会の会場が別の場所になっていますので、お間違えのないようご注意下さい。

***

先日の有隣堂ヨドバシAKIBA店でのサイン会に起こし下さった皆様、ありがとうございました!
またしても暑い中…遠くから来て下さった方もいらして恐縮でしたが、お会いできて嬉しかったです。
お手紙やお菓子などもありがとうございます。大切に頂きますね。

有隣堂さんでは現在フェアも開催して頂いています。
こちらは19日(月)まで。ぜひお立ち寄り下さい。
posted by ワカマツカオリ at 20:48 | work/record

2011.09.02

広島パルコ サイン会&作品展示決定

広島パルコにて、サイン会と作品展示が決定しました。
作品集の関連イベントです。展示内容等は渋谷パルコでのイベントと同じ感じになると思います。

「ワカマツカオリ展」 広島パルコ
広島パルコ4F 連絡通路特設会場
期間:9月16日(金)〜9月25日(日) 入場無料
サイン会:9月25日(日)14時〜
期間中に会場にて作品集または、グッズ3,000円以上お買い上げのお客様に先着で150名様にサイン会参加整理券を配布いたします。

パルコ出版 作品集特設ページ
KAORI WAKAMATSU ART BOOK


おかげさまで作品集が好評との事で、追加でのイベントが決まりました。
展示は入場無料ですので、お近くの皆さまにはぜひこの機会に遊びにいらして頂けたらと思います!

広島、すごく久しぶりに行きます。楽しみです。
posted by ワカマツカオリ at 19:20 | work/record

2011.08.31

ミステリマガジン2011年10月号 短編扉絵

bar_aki.jpg

ミステリ・マガジン2011年10月号にて、東直己氏 著〈ススキノ探偵〉シリーズの短編「秋の終わり」の扉絵を描かせて頂きました。

〈ススキノ探偵〉シリーズは「探偵はBARにいる」というタイトルで映画化され(9月10日公開)今号はその特集号となっており、特集の中に掲載されている短編の扉絵を描かせて頂いております。
映画の方は主演の探偵「俺」役が大泉洋さん、相棒の高田役に松田龍平さんでして、イラストは映画版の方に寄せて下さいとの事でした。
が!決して、決して、キャストのお二方をモデルに描いた訳ではありませんので……!どうぞお二方のファンの皆様にはご理解頂きたく。
「似てないよ!」っていうのは似せていないので当然なのです。ただ雰囲気はお借りしました。

原作もハードボイルドでありつつテンポがよく人気のシリーズですし、映画のキャストも魅力的で楽しみですね。
個人的に大泉洋さんのファンでもあるので、この期に関わらせて頂き光栄でした。

本屋さんで見かけましたらどうぞよろしくお願い致します。

hmm.jpg

ミステリ・マガジン2011年10月号(早川書房)

映画『探偵はBARにいる』公式サイト
posted by ワカマツカオリ at 23:10 | work/record

2011.08.26

『ノーブルチルドレンの告別』装画

noble_2_1.jpg

綾崎 隼氏 著『ノーブルチルドレンの告別』
カバーイラスト、口絵、章扉を描かせて頂きました。

前作『ノーブルチルドレンの残酷』の続編です。前作のPOPな雰囲気から一変、今回は物語が大きく動きだします。

男子二人のみという潔い表紙は編集氏の案ですが、今回の物語の内容にはぴったりなのではないかと思います。
また扉絵では綾崎さんの他の御本を読んだ事のある方には、ちょっと懐かしい再会もあるかもしれません。

タイトルにも入っている通り、物語の後半にある別れがある訳ですが
シリーズもののせいかキャラクター達にいつも以上に愛着があり、読後は本当に寂しくなりました。
カバーはちょっとその感情にひっぱられていますね。

物語は次巻へと続きます。
ぜひぜひ、本屋さんで見かけましたらよろしくお願いします!

noble_2_2.jpg

綾崎 隼 著『ノーブルチルドレンの告別
(メディアワークス文庫/アスキー・メディアワークス)
posted by ワカマツカオリ at 20:24 | work/record

2011.08.25

『居場所の社会学』装画

ibasyo_0.jpg

阿部 真大氏 著『居場所の社会学―生きづらさを超えて』
単行本装画にイラストを載せて頂きました。

このイラスト、見覚えのある方もいらっしゃると思います。
実は2009年カレンダー「jumble」の時にカレンダー用に描いた絵なのですが、イラストが本の内容に合うとの事で、今回はそのまま使用して頂いたのです。
「居場所」をキーワードに、どうすれば誰もがもっと生きやすく、居心地のいい社会になるか、そんなヒントを示した本です。
固い感じではなく、J-POPの歌詞の移り変わりからその時代時代の労働観をみていったりと読みやすい内容になっています。

本屋さんで見かけましたらぜひよろしくお願い致します。

ibasho_2.jpg

阿部 真大 著『居場所の社会学―生きづらさを超えて
(日本経済新聞出版社)
posted by ワカマツカオリ at 23:27 | work/record

『ドS刑事 風邪が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』装画

S_kaze.jpg

七尾 与史氏 著『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』
単行本装画を描かせて頂きました。

発売から少し時間がたってしまいました…!告知が遅くなりすみません。
インパクトのあるタイトルにありますように、美人だけどドSでいろいろと性格に問題のある女刑事・黒井マヤとコンビを組んだ代官山刑事が、連続放火事件の謎を追うミステリーです。
風邪が吹けば桶屋が儲かる、またはバタフライエフェクト。まさに全ての事象には原因が存在するという感じで、物語にぐいぐい引き込まれて一気に読んでしまいました。
黒井マヤのキャラはとても個性的で描きやすかったです。代官山刑事もいい味だしています。

発売後すぐに重版がかかったとの事で、続編もあるかも…!?だそうですよ。
ぜひぜひ、本屋さんで見かけましたらよろしくお願い致します。

S_kaze2.jpg

七尾 与史 著『ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件』(幻冬舎)
posted by ワカマツカオリ at 22:32 | work/record

2011.08.17

ありがとうございました!

御礼が遅くなりましたが、13日、14日のサイン会にお越し頂きました皆様、ありがとうございました!
暑い中お並び頂き、またお待たせしてしまいましてすみませんでした。

一度に、あんなにたくさんの方と接したのは初めてでした。
京都では初日という事もあり、緊張してしまってあまりお話できなかった気がします。せっかくの機会でしたのに、申し訳ないです。
渋谷では少し余裕をもって対応できたのではないかなーと思います。(自分比)

また差し入れやお土産、お手紙もたくさん頂きまして、本当にありがとうございます!
全て大切に使用し、またおいしく頂きますね。
でも、どうぞ、どうぞお気遣いなされませんよう。
お手紙は本当に嬉しいです。もったいなくて、まだ全部に目を通せていません。
もし今後機会があり、差し支えないようでしたら、お手紙にはご住所を記しておいて頂けると嬉しいです。
(いつか御礼ができたらなと思います)

いやいや、みなさんあたたかいお言葉を下さって、本当に夢のような2日間でした。
次は有隣堂ヨドバシAKIBA店です。どうぞよろしくお願い致します。
(予定数の予約受付は終了したとの事です。ありがとうございました!)

そして京都ロフト、渋谷パルコにてお手伝い下さいましたスタッフの皆様、イベンター様、作品集出版チームの皆様。
たくさんのスタッフに支えて頂き無事にイベントを終える事ができました。
感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!


最後に。
おかげ様で作品集の方は一般発売日からとても動きが良く、
発売から5日という早さで重版が決定致しました。

正直これは、ちょう嬉しいです。作品集出版チーム、歓喜!
とてもじっくりと丁寧に作りましたので、長く売れてくれる事を願います。

usa_0817.jpg

posted by ワカマツカオリ at 00:22 | work/record